ひとり暮らしでも猫は飼える?

ひとり暮らしをしていると、可愛い猫が居たらいいなと思うことはありますよね。

でもひとり暮らしだと猫はお留守番の時間が長くなってしまうし、世話はひとりでできるだろうかと不安になり、なかなか飼育に踏み切れない方が多いのではないでしょうか。

ひとり暮らしでも、いくつかのことに気を付ければ猫を飼育することは決して無理ではありません。

そこで、ひとり暮らしで猫を飼育したいと考えている方に、気を付けていただきたい点などを紹介していきたいと思います。

猫を飼育する上で気を付けること

ひとり暮らしで猫を飼育するということは、飼い主さんが学校や仕事で外出をしている間は、猫は常に留守番をすることになります。

猫が安全で快適に過ごすことができるようにしていきましょう。

猫の為の環境を整える

留守番の多い猫の為に、室内でも安全で快適に過ごすことのできる環境を整えてあげるようにしましょう。

・水はいつでも飲めるようにたっぷりと用意しておく
・上下運動ができるようにキャットタワーなどを設置する
・イタズラが心配な場合にはゆったり過ごせるサイズのケージを用意する
・夏場は暑さ対策としてエアコンを入れていく
・冬場は寒さ対策として保温グッズを用意していく

猫は、留守番自体はあまり苦に思いませんので、ひとりぼっちで大丈夫だろうかなど、その点に関しては極度に心配をする必要はありません。

但し、独りで退屈をしてくると、室内の思わぬ物をイタズラしてしまうこともあります。

電気コードをかじって感電してしまうなどの事故も実際に起きていますので、心配であればケージを用意しておくのがおすすめです。

戸締りに注意

マンションなどの高層階に住んでいると、ベランダや風呂場などの窓に施錠をしていない方が多いです。

夏場には、換気の為にと網戸のままで出掛けてしまう方もいるほどです。

猫を留守番させて外出をするのであれば、全ての窓は必ず施錠するようにしましょう。

猫はガラス戸などの縁に爪を引っかけて、器用に開けてしまうことがあります。開いた窓から外に出てベランダから落下してしまう事故や、そのまま外に出て迷子になってしまうこともあります。

高いところに物を置かない

室内で放し飼いにしておくのであれば、高い場所には物を置かないようにしましょう。

猫は高い場所を好んで、まさかと思うような場所にも軽々と登ってしまうことがあります。そこに何か物が置いてあった場合、登った拍子に下に落としてしまうかもしれません。

もしもそれが落ちた拍子に壊れてしまい、降りてきた猫がそれを踏んで怪我をしないとも限りません。

猫を飼育するのであれば、高い場所に物を置くのは避けるようにしましょう。

食べ物はきちんと片付ける

食べかけの物やお菓子などをつい出しっぱなしにしてしまいがちですが、人の食べ物のなかには猫の体にはよくない物はたくさんあります。

猫はどれが食べてはよくない物なのかは分からず、美味しそうな匂いがする物がおいてあれば食べてしまうかもしれません。

留守番をさせている間によくない物を食べて体調不良になっても、飼い主さんは留守ですのですぐに対応をすることは当然できません。

思わぬ誤食事故を防ぐ為にも、食べる物は猫が開けることのできない場所にきちんと仕舞う習慣をつけましょう。

万が一の時の預け先を検討しておく

ひとり暮らしで猫を飼育するということは、猫の世話は飼い主さんひとりに全てかかってきます。

もしも飼い主さんが体調不良になってしまった場合や、急に数日間留守にしなければいけなくなった時など、猫をそのままにしておく訳にはいきません。

数日間猫の面倒を見られなくなった時のことを想定して、その時に猫の世話をお願いできる人や、ペットホテルなどの預け先を検討しておく必要があります。

また、家族や友人には事前に猫を飼育し始めたことを伝えておくことで、飼い主さんが自分で連絡をできない状況に陥った場合でも、誰かが猫の存在を思い出して気にかけてくれるかもしれません。

猫の命を守る為にも、自分に万が一のことが起こった場合を想定して準備しておくようにしましょう。

猫を飼うと色々と良いこともあります

ひとり暮らしで猫を飼育することは、もしかしたら大変なことばかりではないかとためらってしまうかもしれません。

確かに猫は生き物ですから、大変なことも当然あります。でもそれ以上に、猫を飼育することでそれまでにはなかった癒しや充実感を持つこともできます。

勉強や仕事で忙しくても、猫の可愛らしい姿を見れば疲れも吹き飛んでしまうこともあるでしょう。猫が家で待っているからと、物事を手際よくこなす術が身に付くかもしれません。

何よりも猫が頼れるのは飼い主さんだけなのですから、知らないうちに責任感のようなものが身に付いていきます。

まとめ

ひとり暮らしで猫の飼育を考えている人に向けて、注意して欲しいことを紹介してきました。

猫は生きている動物ですから、当然毎日の世話は必ず必要です。自分の食費以外に、猫の餌代も必要になってきます。

それでも、ひとり暮らしをしている人で猫を飼育している人が意外と多いのは、世話の大変さよりも猫と暮らす幸せのほうが勝っているのでしょう。

但し、いくら可愛いからといっても勢いだけで飼えるものではありませんので、飼育を開始する時にはよく考えて決断するようにしましょう。